■最新記事
■プロフィール

益子いくべ会事務局

Author:益子いくべ会事務局
栃木県益子の雨巻山に集う岳友で結成した”益子いくべ会”の活動情報(登山道整備、定例山行記録等)を中心に紹介して行きます

■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

7月31日(日)水ノ塔山・篭ノ塔山山行報告
2016年07月31日(日)水ノ塔山・篭ノ塔山
今回のいくべ会の定例山行は、自主とか雨巻山の案内登山とかが重なり、現地集合組を含めて総勢8名の山行となりました。
コースは、真岡(5:00)=北関東道=東北道=北関東道=関越道=上信越道=佐久北IC=車山高原ホテル(7:30~45)→高峰温泉(8:10)→水ノ塔山(9:15~25)→東篭ノ塔山(10:10~20)→池ノ平(10:50~11:30)→見晴岳(11:15)→三方ヶ峰(12:40)→広場(12:55)→池ノ平(13:20~30)→高峰温泉(14:15~20)→高峰山分岐(14:45)→車山高原ホテル(15:20~16:00)=真岡(19:15)の1日をゆっくりと楽しんだコースでした。
駐車場に着いた時から、周回コースのいたる所に沢山の花々に恵まれゆっくりと写真を撮りながら、また、予報に反して天候に恵まれた山行となりました。
水ノ塔山
水ノ塔山の手前ですが、上から見ると結構な展望ですが。
水ノ塔山
水ノ塔山に到着しました。ここまでも沢山の花が咲いてました。満足!
水ノ塔山
東篭ノ塔山の山頂です。湯の丸山・烏帽子山や四阿山、浅間山等、八ヶ岳、富士山、中央・北アルプスが望めました。ちょっと、逆光でみなさんが大分日焼けしてしまいましたね。
水ノ塔山
シャジン
水ノ塔山
マルバダケブキ
水ノ塔山
ヤナギラン
水ノ塔山
ジャコウソウ、じゃあこうしろ?も沢山咲いてました。結構、いい匂いがしますね。
水ノ塔山
あっ~、少し遅いとは思ってたのですが、まだコマクサが咲いていてくれました。やれやれ~。
水ノ塔山
アサギマダラですかね。結構、遭遇したのですが、チャンスを逸してしまいました。まるで、自分の人生のようですね。
この他、まだまだ沢山の花が咲いていましたので、参加された会員から感想を聞いて下さいね。
帰りには、長野の旬なフルーツと楽しんだ想い出をお土産に帰路に着きました。いくべ会の定例山行ってホントに天気に恵まれてます。感謝、感謝ですね。みなさん、お疲れさまでした。


スポンサーサイト
山行報告 | 19:57:39 | トラックバック(0) | コメント(1)
7/17(日)定例山行報告「七ツ岳」
2016年7月17日(日)七ツ岳
当初はあら解散?じゃなくて「荒海山」を予定してたのですが、何気なく南会津町観光課に確認したところ、昨年9月の豪雨で入山規制が掛けられているとの情報があり、隣の山塊の七ツ岳に変更した次第です。また、七ツ岳も高杖スキー場コースのみが許可されたルートとなってました。以上の情報により七ツ岳に行ってきました。
今日のコースは、なめると痛い目にあいそうなスキー場からの登りです。スキーは滑って降りてくるのですが、それに逆らって登るのですから、その逆を行くわけですから、想像すると分かるかと思います。今回の計画は、益子(5:00)=道の駅塩原=道の駅番屋=高杖スキー場(7:20~40)スキー場終点(8:40)→分岐(9:30)→七ツ岳(一番岳)(10:15~10:35)→高倉山分岐(11:00)→丸山分岐(11:20)→カフェテリア・ハイランド(12:10~50)→高杖スキー場(13:20)→白樺の湯(13:30~14:30)=チーズファクトリー=益子(17:40)の山行でした。
七ツ岳
今回は少しは、読図も覚えてもらおうと地図を準備して、各自にコンパス盛ってきてもらってこれから進む方向を確認してからスタート。スキー場に来ると結構な旬の花が咲いてました。
七ツ岳
何でしょうか?
七ツ岳
クルマユリかも?こんな花も咲いてました。
七ツ岳
こんな花も???
七ツ岳
もうすぐで登山口というところにあったマタタビですが、葉がピンク色してたのが印象的でした。
七ツ岳
遙か眼下には私達が上ってきたスキー場が見渡せます。登りっぱなしって結構きついですね。
七ツ岳
やっと着いた正式な登山口です。ここからは少しは楽かも?
七ツ岳
尾根筋にでるとやっと七ツ岳(一番岳)が見えました。
七ツ岳
登山道にて、
七ツ岳
オオカメノキの実。
七ツ岳
山頂間近の岩場には、ウスユキソウが咲いてました。
七ツ岳
着いた七ツ岳山頂です。今日は三番岳あたりまで計画していたのですが、天候もいまいちだったため、今日はここまでで戻ることにして、昼食はカフェラッテ・ハイランドでとることにしました。
七ツ岳
お疲れさまでした。
七ツ岳
これが一番岳から七番岳まで続く稜線です。残念ながら登山道は現在のところスキー場からしか認められていないため、登山道が復旧した縦走しましょうか?
七ツ岳
帰りの稜線から見えた日光連山です。
七ツ岳
登山口に戻ってきました。
七ツ岳
ヤマアジサイ
登山口からカフェラッテ・ハイランドまで戻ってきて12時ちょっと過ぎに昼食をとりました。食べられないくらいの沢山のご馳走が頂けて最近少し太り気味です。少し気を付けないとね?ここで昼食後、起点の駐車場に戻りした。途中にも沢山に花が咲いていて結構な山行でした。
七ツ岳

七ツ岳
花2
七ツ岳
花3
七ツ岳
スキー場側から駐車場に向かってくると、ニッコウキスゲが咲いていました。
七ツ岳
アイヅキスゲ
七ツ岳
これもアイヅキスゲ、先に行って人は見られなかったかも?
七ツ岳
もうちょっと下までくると、何という花でしょうか?咲いてました。駐車場に到着後、登山靴だけを履き変えて、白樺の湯で疲れを癒しました。やっぱり入浴後はコーラが超うまいですね。ちょうど温泉の傍にある雪室が開いたので、雪の為に室温9度の部屋で涼んで家路に戻りました。途中、矢板のチーズファクトリーでJAF割引を利用して150円でソフトクリームを食べたり土産を買ったりして、益子に戻ってきました。今日の山行も雨にも負けずじゃなくて、遭わず何とか山行を計画よりちょっとズレたけど完遂することができました。みなさん、お疲れさまでした。また、もうすぐ梅雨が明けるといいですね~!雨に遭わないのはいいのですですが、水不足が心配です。
最近、気が付くと定例山行のメンバーが固定化しつつあるような気がします。今年の山行もまだまだ続きますので、奮って参加ください。


山行報告 | 19:45:09 | トラックバック(0) | コメント(1)
6月26日(日)定例山行報告「日留賀岳」
CL:テル3、SL:シバちゃん
ルート:益子(5:00)=小山氏宅(6:40~50)→送電鉄塔(7:25)→林道終点(7:55)→日留賀岳神社鳥居(9:35)→日留賀岳(11:00~11:50)→日留賀岳神社鳥居(12:55)→林道終点(14:10)→送電鉄塔(14:35)→小山氏宅(15:00~30)=上塩原温泉華の湯=下野花岡=益子(18:00)のルートでした。
日留賀岳
小山さん宅の脇から今回の山行が始まりです。
日留賀岳
林道終点で現在地確認後、本格的山行の始まりです。しっかり地図を読んで?
日留賀岳
これは鞍部を過ぎ方向が変わる時の所で休憩したところです。ここから地図をみるとしばし急登が待ってるようですね。
日留賀岳
急登ですがツツジが咲いてました。
日留賀岳
気を使って後ろからの写真が多いのですが、途中での写真です。
日留賀岳
ショウキランの子供か?
日留賀岳
日留賀岳神社の鳥居を無事(無料)で通過しました。
日留賀岳
途中、ギンリョウソウ発見!今年初めてのご対面?
日留賀岳
結構、気になる枯れ木発見です。これも自然のなせる技かも?
日留賀岳
休憩ですけど、表現が難しいのですが、涼しい強風のため1枚、着込みました。
日留賀岳
向こうに高原山が見えました。今回の山行も天気に恵まれてますね。
日留賀岳
あれが目指す山頂ですか、もう少しで日留賀岳の山頂ですね。みんなが頑張ったお陰で日留前までには着きそうです。山頂手前までだったり何かして(日留前だけ)?
日留賀岳
この花は?気になります。
日留賀岳
上に行くと旬なシャクナゲが咲いてました。
日留賀岳
サラサドウダンですか。それは言語道断だったりなんかして?
日留賀岳
恥ずかしそうに、ハクサンチドリが待っていました。昨夜はチドリアシだったりなんかして???
日留賀岳
一個しか無かったから、ヒルガフウロってか?
日留賀岳
これってハクサンチドリとはちょっと違ってませんか?ニョホウチドリっていうみたいですよ。
日留賀岳
ゴゼンタチバナも咲いてました。あと、もうすぐで山頂です。
日留賀岳
あれ~?向こうの道路なんなんだあ~?あれが栃木の負の遺産、塩那スカイラインです。あれで結構儲けた人いるんだろうなあ~?
日留賀岳
山頂での眺望を眺めつついろんな想いに耽ってますか?
日留賀岳
山頂では360度の展望を楽しみながらのランチとしました。(しばしの満腹感)食べきれなった食料は登ってきた若者にプレゼントしました。
日留賀岳
昼食の後は、CLのシャッターで記念撮影です。みなさん、ありがとうございました。
日留賀岳
帰りはKMご対面しそうな復路を戻ってきました。無事、小山さん宅の駐車場に到着後、出発前に予約しておいた高原大根を今日の土産にしました。その後、華の湯にて疲れた体を癒し、益子に戻ってきました。前回の不忘山に続き、梅雨の間ですが天気に恵まれた山行がすることが出来ました。みなさん、お疲れさまでした。参考までですが、今日の風呂、華の湯は65overにはシルバー割引適用され@300円(@650円のところ)になりました。まだ、早い人には複雑な心境だったようです。

山行報告 | 20:22:22 | トラックバック(0) | コメント(1)
6月12日(日)山行報告「不忘山」
6月12日(日)不忘山(南蔵王)です。
CL:ナベちゃん、SL:ハイジ
今日のコースは、益子(4:00)=白石IC=エコーライン刈田峠(8:10)→不忘山登山口(8:20)→前山(8:45)→杉ケ峰(9:30)→芝草平(9:55)→蔵王山岳山小屋分岐(10:10)→屏風岳(10:35)→南屏風岳(11:10~15)→不忘山(12:05~40)→南屏風岳(13:15)→屏風岳(14:10~20)→分岐(14:35)→芝草平(14:50)→杉ケ峰(15:15)→前山(15:35)→登山口(16:20)→駐車場(16:35)=入浴(神の湯)=白石IC=益子(21:50)の山行でした。みんなガンバったお陰で天気と季節の花に恵まれた1日とすることができました。
不忘山
登山口付近から見えた前山、杉ケ峰、屏風岳です。これから行くぞ~!
不忘山
イワカガミです。
不忘山
少し登り始めるとチングルマの群生地と出会いました。
不忘山
ミヤマハンショウヅルも沢山咲いてました。
不忘山
前山を過ぎ杉ケ峰を越え、芝草平近辺ではミネザクラも咲いてお出迎えです。
不忘山
芝草平でチングルマをゲット!
不忘山
チングルマです。あ~、来て良かったあ~!
いろんな花々に触れ合いながら、屏風岳を目指しましたが途中も沢山の花が待っていてくれました。
不忘山
これもチングルマですね~!
不忘山
屏風岳に到着です。いつ出るんだろうかあ~?あれは~!
不忘山
これからあの尾根を登り、南屏風岳をゲットするぞ~!
不忘山
途中には沢山のシャクナゲが咲いてました。
不忘山
この稜線を越えて目指す不忘山が見えました。さてさて???ガンバンベ~ってか?
不忘山
やっと出てきました。ハクサンイチゲですね。
不忘山
滑りやすそうな下りも不忘山目指して何のその?
不忘山
不忘山を目指す途中のユキワリコザクラですね。
不忘山
ハクサンイチゲに囲まれながら、山頂を目指します。
不忘山
あれが山頂かも?あ~腹がはらが減ったあ~、でも一つだけは残ってたりなんかして~?(他で使いたかったのですが思わず・・)
不忘山
今度こそ、山頂ですかね~?
不忘山
これって何でしたけ~?食虫植物ですよね?ムシトリスミレです。(^_-)-☆
不忘山
オダマキソウの挨拶に迎えられてやっと山頂に到着しました。
不忘山
山頂ではまずは1つだけれども、2つにならない腹に貯めましょう。利息は付きませんが?
不忘山
不忘山山頂にてです。頑張りましたね。
不忘山
帰りもユキワリコザクラです。
不忘山
南屏風岳への稜線です。
不忘山
覗いちゃだめ~!盗撮だったりなんかして?そんな事するわけねえだろう!健全な山行何だから!
不忘山
お疲れです。
不忘山
この稜線をピストンしてきました。
不忘山
思いでのかも、チングルマの群生地です。芝草平へ戻ってきました。もうすぐ登山口です。頑張ろう!
不忘山
忘れたけど、我々の帰りを待って居てくれました。ミヤマハンショウヅルです。
不忘山
登山口から見えた戻ってきた稜線です。帰りは遠刈田温泉「神の湯」で疲れを癒し、帰路に着きまた。早朝からの長い1日でしたが、皆さんお疲れさまでした。これからも頑張りましょうね~!


山行報告 | 20:22:48 | トラックバック(0) | コメント(6)
5月29日定例山行「両神山」
2016年5月29日(日)

日本百名山である両神山に定例山行で行って来ました。
少しアカヤシオは遅かった感がしますが、今日のコースは少し歩行距離は長いですが、
誰からも親しまれ、登りやすい王道の日向大谷からのスタートとなりました。

益子町民会館(4:30)~北関東道~関越道~花園IC~道の駅両神温泉薬師の湯(7:00)→
日向大谷P(7:40)標高670m→会所(8:20)→清滝小屋(10:10~20)→両神神社
(11:25)→両神山頂剣ヶ峰(12:00~10)→両神神社(昼食12:45~13:15)→
清滝小屋(14:10~14:20)→会所(16:00)~日向大谷P(16:30)~道の駅両神温泉
薬師の湯にて入湯~関越道~北関東道~真岡IC~益子(20:30)のコースでした。
5月29日両神山定例山行
日向大谷駐車場にて準備体操中
5月29日両神山定例山行
日向大谷登山口
5月29日両神山定例山行
両神山荘を右手に見な両神山荘を右手に見ながら登ります。
5月29日両神山定例山行
会所で小休憩
5月29日両神山定例山行
沢づたいに登ります。水があるだけ若干涼しい気がします。
5月29日両神山定例山行
きれいな緑・・・
5月29日両神山定例山行
途中にある弘法之井戸で冷たい水を頂きます。
5月29日両神山定例山行
清滝小屋に到着!きれいな避難小屋と水洗トイレ(無料)があります。
行きも帰りも用足しはここでしましょうね。 「こころ折れた少年だった。」
5月29日両神山定例山行
清滝小屋からは岩場、鎖場などの急登が続きます。
5月29日両神山定例山行
両神神社到着です。ここに広い休憩スペースがあるので、山頂に登ってから
ここに戻りお昼ご飯にします。(ザックをデポして山頂アタックもOKです!)
5月29日両神山定例山行
山頂に向かう途中のトウゴクミツバツツジ・・・今日のご褒美かな?
5月29日両神山定例山行
山頂手前は岩だらけですが慎重に行けば危険はありません。
5月29日両神山定例山行
そして山頂(剣ヶ峰)到着~!みんなお疲れ様でした!
(山頂は狭いのであまりゆっくりはしてられません)
5月29日両神山定例山行
少しガスってましたが山頂は涼しく清々しかったです。
5月29日両神山定例山行
マイヅルソウ
5月29日両神山定例山行
ウツギ
5月29日両神山定例山行
ヒメレンゲ
5月29日両神山定例山行
クワガタソウなどなど…
5月29日両神山定例山行
両神神社にあるもう一つの神社の見事な彫刻
5月29日両神山定例山行
そしてみんな無事に下山できました。
5月29日両神山定例山行
集合場所である道の駅両神温泉薬師の湯の温泉で疲れを癒し、帰路に着きました。
参加されたみなさん、そしてリーダーを務めてもらったカッチン、お疲れさまでした。

山行報告 横山 真介(しんちゃん)





山行報告 | 18:58:37 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

まとめ