■最新記事
■プロフィール

益子いくべ会事務局

Author:益子いくべ会事務局
栃木県益子の雨巻山に集う岳友で結成した”益子いくべ会”の活動情報(登山道整備、定例山行記録等)を中心に紹介して行きます

■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

社山から黒檜岳へ
今回の山行は、社山から黒檜岳を経由して千手ヶ浜へ至る
距離・ルートとも少しチャレンジな縦走となりましたが、
予想を大きく上回る25名の方の参加を得て、大盛況の山行となりました。

当日の天気は”快晴”社山から黒檜岳間の尾根縦走は遮るものがないので
水分補給を確実に行わなければと、引率の幹部は水を余計に担いでの
参加となりましたが、不測の事態に至らずにほっと一息でした。
ボーイスカウトのスローガンではありませんが”備えよ常に”です。

まず歌ヶ浜駐車場を6時45分に出発して阿世潟へ、ここから社山へ向けて
登山開始です。半月山と中禅寺湖を背中に見ながら高度を稼いで、
霞の上に頭を出した”富士山”を見ながら、9時40分に社山の山頂に到着
予想通りのペース配分で、順調な出だしです。

R0014562_SP0000.jpg
R0014567_SP0000.jpg

社山からは、尾根伝いに黒檜岳への縦走開始です。
参加者の中にはここからは初めての方も何人かいて、遠くに見える
黒檜岳のピークを見て少し緊張気味でしたが、大日尾根分岐の先の
1792ピークでの昼食を終え出発した時には、見晴らしの良い尾根ルートの
気持ちのいい縦走に、ペースもいいリズムが出てきて、黒檜岳へは
予想より1時間も早い到着となりました。

R0014587_SP0000.jpg
R0014593_SP0000.jpg

黒檜岳からの千手ヶ浜への下りは”シロヤシオ””シャクナゲ”の見頃で
立ち止りながらの下山でしたが、千手ヶ浜へは遊覧船の出発時間の15時25分の
1時間前に到着する、余裕の山行とでした。最後は、遊覧船より縦走してきた
ルートを遠くに望みながら、満足、満足の山行でした。
R0014598_SP0000.jpg
R0014621_SP0000.jpg

初見のメンバーも何人かいらっしゃいましたが、”少し背伸びした山行”の感想は
いかがでしたか? 自信がついた方、今後の課題が見つかった方....
何かしらの気付きがある山行であったなら、企画した幹事としてもうれしいかぎりです。

スポンサーサイト
山行報告 | 22:46:56 | トラックバック(0) | コメント(8)

FC2Ad

まとめ