■最新記事
■プロフィール

益子いくべ会事務局

Author:益子いくべ会事務局
栃木県益子の雨巻山に集う岳友で結成した”益子いくべ会”の活動情報(登山道整備、定例山行記録等)を中心に紹介して行きます

■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

10月30日(日)中倉山・沢入山山行報告
【概要】孤高のブナを見る。孤高のブナ(樹高約12メートル、幹の直径約50センチ)は、山頂から約200メートル西側(沢入山側)に屹立しています。一般に広葉樹のブナは、成長が遅く幹の直径が40センチになるには100年程度かかると言われています。そのため普通に考えてもこのブナは樹齢は100年以上と考えられます。足尾銅山の煙害が最も激しい時代を生き抜いたとみて間違いないと言われています。激しい煙害で一帯の植物が死滅するほどの激しい環境を生き抜いた奇跡のブナ」とも言えます。
中倉山・沢入山の稜線からは、松木渓谷側は煙害の影響で草木が生えておらず、独特な景観が見られます。
今回のコースは下記のとおりです。
益子町民会館P(6:00)⇒百穴⇒清滝P⇒銅親水公園(8:10~30)→登山口(9:30)→中倉山(11:25)→沢入山(12:30~13:10)→中倉山(14:10)→登山口(15:40)→銅親水公園(16:20~40)⇒益子町民会館P(19:00)
益子から日光手前までは順調に過ぎて行きましたが、高速を抜けるともう朝から日光の紅葉を楽しもうとする人達で渋滞でした。何とか足尾へ向かう交差点を通過し、バラバラになった仲間とコンビニで合流し、足尾の銅親水公園に向かいました。
今日の山は私も好きで何回も来ている山でして、楽しくてソワソワです。でもやっぱり早起きは苦手ですね。
まあ、ここではで日光連山南側なので紅葉狩りの渋滞もなく、静かな山歩きが楽しめそうです。
駐車場から今日行く方面です。ちょっと、厚い雲が心配ですが?
IMGP3832_1024.jpg
  さあ?、登山口に向けて出発です。約1時間位の林道歩きが続きますが、ウォームアップですかね。
IMGP3833_1024.jpg
やっと林道歩き後登山口に到着しました。結構、歩かれているみたいですね。
IMGP3839_1024.jpg
ガレた登山道を落石に注意して登りました。「ラクっー!!!」「引力注意です!」それに逆らって登る山って良く分からなくなることもありますが?
IMGP3842_1024.jpg
稜線に出ると意に反して、ガスが掛かってきました。
IMGP3855_1024.jpg
稜線で休憩です。「ゴックン」と喉を癒しました。
中倉山
「あれれっ??何か違うんじゃない?」
中倉山
中倉山からの展望もなく。「こんなハズじゃないんじゃない?」
中倉山
ここが孤高のブナのまえ?
中倉山
えッ?こんな感じ?
中倉山
岩場を越えて行くと・・・・。
中倉山
やっと出ました。いいね~いいねえ~!!!「これが栃木の山~?」
中倉山
「オッと何この展望!」
中倉山
やっと出会えた展望と沢入山に到着しました。少し遅くなりましたが、好展望が待ってました。
中倉山
好展望の沢入山にて、食物と展望を腹いっぱい、胸いっぱいに詰め込むことができました。満喫って言いうんですかね?
中倉山
社山と男体山が見えました。
中倉山
ランチ後は来たルートを来た時とは違って好展望の中を戻りました。
中倉山
帰りは孤高のブナも青空の下に背伸びしてました。
中倉山
中倉山も帰りには・・・・。展望最高でしたよ。撮り直しですか。
中倉山
来る時はガスってて見えなかった石塔尾根も良く見えました。
中倉山
戻りは中倉山の紅葉も光ってました。ありがとうございました。
参加されたみなさん、少し遅くなりましたが、楽しんで貰えたでしょうか?今日は、宇都宮市内の渋滞もあり、それぞれの車がバラバラの到着となりましたが、全員の無事到着を確認してから〆の挨拶をもって解散となりました。
みなさん、ご協力ありがとうございました。これからも協力し合いながら頑張って行きましょう!お疲れさまでした。現在、来年度の山行を募集してますので、よろしくお願いします。



スポンサーサイト
未分類 | 20:19:00 | トラックバック(0) | コメント(3)

FC2Ad

まとめ