■最新記事
■プロフィール

益子いくべ会事務局

Author:益子いくべ会事務局
栃木県益子の雨巻山に集う岳友で結成した”益子いくべ会”の活動情報(登山道整備、定例山行記録等)を中心に紹介して行きます

■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

6月26日(日)定例山行報告「日留賀岳」
CL:テル3、SL:シバちゃん
ルート:益子(5:00)=小山氏宅(6:40~50)→送電鉄塔(7:25)→林道終点(7:55)→日留賀岳神社鳥居(9:35)→日留賀岳(11:00~11:50)→日留賀岳神社鳥居(12:55)→林道終点(14:10)→送電鉄塔(14:35)→小山氏宅(15:00~30)=上塩原温泉華の湯=下野花岡=益子(18:00)のルートでした。
日留賀岳
小山さん宅の脇から今回の山行が始まりです。
日留賀岳
林道終点で現在地確認後、本格的山行の始まりです。しっかり地図を読んで?
日留賀岳
これは鞍部を過ぎ方向が変わる時の所で休憩したところです。ここから地図をみるとしばし急登が待ってるようですね。
日留賀岳
急登ですがツツジが咲いてました。
日留賀岳
気を使って後ろからの写真が多いのですが、途中での写真です。
日留賀岳
ショウキランの子供か?
日留賀岳
日留賀岳神社の鳥居を無事(無料)で通過しました。
日留賀岳
途中、ギンリョウソウ発見!今年初めてのご対面?
日留賀岳
結構、気になる枯れ木発見です。これも自然のなせる技かも?
日留賀岳
休憩ですけど、表現が難しいのですが、涼しい強風のため1枚、着込みました。
日留賀岳
向こうに高原山が見えました。今回の山行も天気に恵まれてますね。
日留賀岳
あれが目指す山頂ですか、もう少しで日留賀岳の山頂ですね。みんなが頑張ったお陰で日留前までには着きそうです。山頂手前までだったり何かして(日留前だけ)?
日留賀岳
この花は?気になります。
日留賀岳
上に行くと旬なシャクナゲが咲いてました。
日留賀岳
サラサドウダンですか。それは言語道断だったりなんかして?
日留賀岳
恥ずかしそうに、ハクサンチドリが待っていました。昨夜はチドリアシだったりなんかして???
日留賀岳
一個しか無かったから、ヒルガフウロってか?
日留賀岳
これってハクサンチドリとはちょっと違ってませんか?ニョホウチドリっていうみたいですよ。
日留賀岳
ゴゼンタチバナも咲いてました。あと、もうすぐで山頂です。
日留賀岳
あれ~?向こうの道路なんなんだあ~?あれが栃木の負の遺産、塩那スカイラインです。あれで結構儲けた人いるんだろうなあ~?
日留賀岳
山頂での眺望を眺めつついろんな想いに耽ってますか?
日留賀岳
山頂では360度の展望を楽しみながらのランチとしました。(しばしの満腹感)食べきれなった食料は登ってきた若者にプレゼントしました。
日留賀岳
昼食の後は、CLのシャッターで記念撮影です。みなさん、ありがとうございました。
日留賀岳
帰りはKMご対面しそうな復路を戻ってきました。無事、小山さん宅の駐車場に到着後、出発前に予約しておいた高原大根を今日の土産にしました。その後、華の湯にて疲れた体を癒し、益子に戻ってきました。前回の不忘山に続き、梅雨の間ですが天気に恵まれた山行がすることが出来ました。みなさん、お疲れさまでした。参考までですが、今日の風呂、華の湯は65overにはシルバー割引適用され@300円(@650円のところ)になりました。まだ、早い人には複雑な心境だったようです。
スポンサーサイト


山行報告 | 20:22:22 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
日留賀岳山行、お世話になりました。
10年くらい前に登り暗い印象の記憶でしたが、今回は緑の季節だったからか?思っていたより良い山でした。
蜂刺されは、月曜日に病院で点滴を受けました。
シルバー料金の時だけ年齢がうれしいです。
2016-07-08 金 15:46:25 | URL | サッチャー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ