■最新記事
■プロフィール

益子いくべ会事務局

Author:益子いくべ会事務局
栃木県益子の雨巻山に集う岳友で結成した”益子いくべ会”の活動情報(登山道整備、定例山行記録等)を中心に紹介して行きます

■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

定例山行報告「平ケ岳」
10月山行報告「平が岳」
10月14日15日は、いくべ会山行(天狗岳)の予定でした。しかし、天気予報を見ると長野県八ヶ岳周辺には、2日間とも濃厚な雨雲が張り付いています。今回はCL芋虫さん、SLサッチャー、もりちゃん、みっちゃんの4人平均年令71才のパーティです。行ってから雨ならまだしも行く前から2日とも雨だとわかっている所に行くのはどうしよう?と13日に相談した結果、天気予報では、新潟方面には晴マークが見られるので「平が岳」の案が出ました。それから登山口まで送迎してくれる宿を探しましたらキャンセルの出た所があり、急遽「平が岳」に決定しました。
1014平ケ岳
行動行程
14日10:00益子町民会館P発→真岡インター→北関東道→圏央道→小出インター→R352→シルバーライン→銀山平民宿「樹湖里」15時着
1014平ケ岳
15日4:00樹湖里発→5:30中ノ岐登山口発5:47…8:10玉子石…8:30ザレ場(朝食)8:50発…10:00山頂発…10:15姫の池…10:37玉子石分岐…12:05登山口12:20発→13:50樹湖里→14:00白銀の湯14:40発→15:10蕎麦どころ薬師→15:50道の駅深雪の里→19:00益子町民センターP着
15日は、同じ宿に宿泊した8人が宿に泊まった人しか通行できないプリンスロードを中ノ岐登山口まで送ってもらいました。駐車場には大勢の登山者がいてトイレの前に行列していました。15人前後の団体さんが3組入ありました。5:30出発予定がトイレ渋滞で5:47出発です。送ってくれた宿のご主人が「12:30には帰りの車が出ますからそれまでには必ず戻ってください」と繰り返して送り出してくれました。平ヶ岳沢を渡るとすぐ急登です。足元はグチャグチャのぬかるみ状態の中必死にただただ登ります。
1014平ケ岳
2000mくらいの所に足場が難しい所があり泥に埋まった1本のロープがたれてましたが、芋虫さん曰く「さわりたくないロープだ」玉子石分岐にここまで2時間20分で登れたら早いとの立札がありました。
1014平ケ岳
私達は2時間10分でした。不思議な玉子石は写真渋滞、証拠写真を撮り退散です。木道を歩いているとガスがとれて対岸に大きな平らの平が岳の山容が現れ、燧ガ岳らしき双耳峰の山頂もうっすらと見えました。
1014平ケ岳
草原は草紅葉が過ぎて茶色の中になごりのミヤマアキノキリンソウ、フデリンドウがありました。
1014平ケ岳
ザレ場で朝食(宿で作ってくれたおにぎりにはゆで卵が添えてありました。)ガスが出てきて朝食後木道を下ったり登ったりして山頂(2141m)に到着しましたが、ここも写真渋滞です。
1014平ケ岳
周辺は広々とした草原なのに、頂上だけは木々があり視界悪そうでした。いくらか雨が降ってきた中を姫の池を周りヒカリゴケも見て下山して来ました。同宿の4人はすでに到着していました。私達もなんとか時間内に下山できてホットして改めて周辺を見回すとすばらしい!紅葉の山肌でした。
1014平ケ岳
曇りで展望はいまいちでしたが、良い山行でした。同行の仲間達に感謝です。楽しかったね。ありがとうございました。
1014平ケ岳
スポンサーサイト


未分類 | 15:13:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ