■最新記事
■プロフィール

益子いくべ会事務局

Author:益子いくべ会事務局
栃木県益子の雨巻山に集う岳友で結成した”益子いくべ会”の活動情報(登山道整備、定例山行記録等)を中心に紹介して行きます

■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

6月12日(日)山行報告「不忘山」
6月12日(日)不忘山(南蔵王)です。
CL:ナベちゃん、SL:ハイジ
今日のコースは、益子(4:00)=白石IC=エコーライン刈田峠(8:10)→不忘山登山口(8:20)→前山(8:45)→杉ケ峰(9:30)→芝草平(9:55)→蔵王山岳山小屋分岐(10:10)→屏風岳(10:35)→南屏風岳(11:10~15)→不忘山(12:05~40)→南屏風岳(13:15)→屏風岳(14:10~20)→分岐(14:35)→芝草平(14:50)→杉ケ峰(15:15)→前山(15:35)→登山口(16:20)→駐車場(16:35)=入浴(神の湯)=白石IC=益子(21:50)の山行でした。みんなガンバったお陰で天気と季節の花に恵まれた1日とすることができました。
不忘山
登山口付近から見えた前山、杉ケ峰、屏風岳です。これから行くぞ~!
不忘山
イワカガミです。
不忘山
少し登り始めるとチングルマの群生地と出会いました。
不忘山
ミヤマハンショウヅルも沢山咲いてました。
不忘山
前山を過ぎ杉ケ峰を越え、芝草平近辺ではミネザクラも咲いてお出迎えです。
不忘山
芝草平でチングルマをゲット!
不忘山
チングルマです。あ~、来て良かったあ~!
いろんな花々に触れ合いながら、屏風岳を目指しましたが途中も沢山の花が待っていてくれました。
不忘山
これもチングルマですね~!
不忘山
屏風岳に到着です。いつ出るんだろうかあ~?あれは~!
不忘山
これからあの尾根を登り、南屏風岳をゲットするぞ~!
不忘山
途中には沢山のシャクナゲが咲いてました。
不忘山
この稜線を越えて目指す不忘山が見えました。さてさて???ガンバンベ~ってか?
不忘山
やっと出てきました。ハクサンイチゲですね。
不忘山
滑りやすそうな下りも不忘山目指して何のその?
不忘山
不忘山を目指す途中のユキワリコザクラですね。
不忘山
ハクサンイチゲに囲まれながら、山頂を目指します。
不忘山
あれが山頂かも?あ~腹がはらが減ったあ~、でも一つだけは残ってたりなんかして~?(他で使いたかったのですが思わず・・)
不忘山
今度こそ、山頂ですかね~?
不忘山
これって何でしたけ~?食虫植物ですよね?ムシトリスミレです。(^_-)-☆
不忘山
オダマキソウの挨拶に迎えられてやっと山頂に到着しました。
不忘山
山頂ではまずは1つだけれども、2つにならない腹に貯めましょう。利息は付きませんが?
不忘山
不忘山山頂にてです。頑張りましたね。
不忘山
帰りもユキワリコザクラです。
不忘山
南屏風岳への稜線です。
不忘山
覗いちゃだめ~!盗撮だったりなんかして?そんな事するわけねえだろう!健全な山行何だから!
不忘山
お疲れです。
不忘山
この稜線をピストンしてきました。
不忘山
思いでのかも、チングルマの群生地です。芝草平へ戻ってきました。もうすぐ登山口です。頑張ろう!
不忘山
忘れたけど、我々の帰りを待って居てくれました。ミヤマハンショウヅルです。
不忘山
登山口から見えた戻ってきた稜線です。帰りは遠刈田温泉「神の湯」で疲れを癒し、帰路に着きまた。早朝からの長い1日でしたが、皆さんお疲れさまでした。これからも頑張りましょうね~!


山行報告 | 20:22:48 | トラックバック(0) | コメント(6)
5月29日定例山行「両神山」
2016年5月29日(日)

日本百名山である両神山に定例山行で行って来ました。
少しアカヤシオは遅かった感がしますが、今日のコースは少し歩行距離は長いですが、
誰からも親しまれ、登りやすい王道の日向大谷からのスタートとなりました。

益子町民会館(4:30)~北関東道~関越道~花園IC~道の駅両神温泉薬師の湯(7:00)→
日向大谷P(7:40)標高670m→会所(8:20)→清滝小屋(10:10~20)→両神神社
(11:25)→両神山頂剣ヶ峰(12:00~10)→両神神社(昼食12:45~13:15)→
清滝小屋(14:10~14:20)→会所(16:00)~日向大谷P(16:30)~道の駅両神温泉
薬師の湯にて入湯~関越道~北関東道~真岡IC~益子(20:30)のコースでした。
5月29日両神山定例山行
日向大谷駐車場にて準備体操中
5月29日両神山定例山行
日向大谷登山口
5月29日両神山定例山行
両神山荘を右手に見な両神山荘を右手に見ながら登ります。
5月29日両神山定例山行
会所で小休憩
5月29日両神山定例山行
沢づたいに登ります。水があるだけ若干涼しい気がします。
5月29日両神山定例山行
きれいな緑・・・
5月29日両神山定例山行
途中にある弘法之井戸で冷たい水を頂きます。
5月29日両神山定例山行
清滝小屋に到着!きれいな避難小屋と水洗トイレ(無料)があります。
行きも帰りも用足しはここでしましょうね。 「こころ折れた少年だった。」
5月29日両神山定例山行
清滝小屋からは岩場、鎖場などの急登が続きます。
5月29日両神山定例山行
両神神社到着です。ここに広い休憩スペースがあるので、山頂に登ってから
ここに戻りお昼ご飯にします。(ザックをデポして山頂アタックもOKです!)
5月29日両神山定例山行
山頂に向かう途中のトウゴクミツバツツジ・・・今日のご褒美かな?
5月29日両神山定例山行
山頂手前は岩だらけですが慎重に行けば危険はありません。
5月29日両神山定例山行
そして山頂(剣ヶ峰)到着~!みんなお疲れ様でした!
(山頂は狭いのであまりゆっくりはしてられません)
5月29日両神山定例山行
少しガスってましたが山頂は涼しく清々しかったです。
5月29日両神山定例山行
マイヅルソウ
5月29日両神山定例山行
ウツギ
5月29日両神山定例山行
ヒメレンゲ
5月29日両神山定例山行
クワガタソウなどなど…
5月29日両神山定例山行
両神神社にあるもう一つの神社の見事な彫刻
5月29日両神山定例山行
そしてみんな無事に下山できました。
5月29日両神山定例山行
集合場所である道の駅両神温泉薬師の湯の温泉で疲れを癒し、帰路に着きました。
参加されたみなさん、そしてリーダーを務めてもらったカッチン、お疲れさまでした。

山行報告 横山 真介(しんちゃん)





山行報告 | 18:58:37 | トラックバック(0) | コメント(2)
4月20日(水)日光鳴虫山山行報告
4月20日(水)日光鳴虫山山行報告

定例山行
天候:晴
益子町民会館駐車場(7:00)=長岡百穴(7:50)=天王山神社(8:20~9:05)→神ノ主山(9:45~9:55)→鳴虫山(11:15~12:10)→合峰(12:35)→銭沢不動尊(14:10)→
含満橋P(14:35~15:10)→霧降の温泉(15:30~16:10)→ 長岡百穴(16:50)→益子町民会館駐車場(17:50)
茨城県高萩市の横根山から急きょ行先を日光の鳴虫山へ変更して12名で新緑の中の、アカヤシオ・カタクリの花を楽しんできました。当日は晴れてはいましたが、尾根に出ると風も冷たくさすが日光、チョット早いかなと思いましたが 5
神主山を過ぎると沢山のアカヤシオが迎えてくれました。
神主山へ急登
神主山への急登
神主山にて
神主山にて
神主山にて
神主山を過ぎるとアカヤシオが現れました
アカヤシオ
今年のアカヤシオは花つきも良く、当たりです
アカヤシオ
アカヤシオ
2
鳴虫山手前の木の根がむき出しの急登で
3
濃いピンクのアカヤシオが目立ちます
4
カタクリにはチョット早かったようです
5
鳴虫山頂上手前ではまだ沢山のつぼみを付けたアカヤシオが
4
つぼみを付けたアカヤシオ
5
鳴虫山山頂のアカヤシオの前で「熊本地震鎮静祈願」(小林さん作成)
6
頂上に咲く凛としたアカヤシオ
7
これでもかと言うほど咲いていました
8
頂上にて記念写真、数年前までは後ろに木製の展望台があったのに跡形もありません
9
頂上から合峰に向かう途中もアカヤシオの乱舞
10
合峰から銭沢不動尊への下りの急斜面
11
下山の途中もアカヤシオのトンネル状態でしたアカヤシオのアップ
12
急斜面を下る会員
13
下山途中で出会ったカタクリ
13
カタクリのアップ
14
途中の鞍部に大きなヒノキが二本仁王立ちしていました
15
下山最後の急斜面
15
落ち葉が大量に積もっていて足元が見づらく悪戦苦闘
17
急斜面を下ってホット出来ると思いきやまだ足場の悪い沢を歩きます
18

やっと銭沢不動尊に到着、これでやっと一安心!
この後、憾満ヶ淵へ下山 アカヤシオにはチョット早いかと思われた鳴虫山でしたが素晴らしい花の競演でした。下山は右手に、ピンクに染まった登った尾根を見ながら急斜面をみんなでワイワイガヤガヤと楽しく下りてきました。今回の鳴虫山目的であったアカヤシオに恵まれ、大満足の山行でした。
参加していただいた会員の皆さんありがとうございました。
テルさんからの投稿でした。ありがとうございました。

やっとできたかな~!結構アップするのに苦労してます。分かって下さい(^^♪!

山行報告 | 23:17:09 | トラックバック(0) | コメント(3)
1月31日(日) 奥日光庵滝 山行報告
1月31日(日) 奥日光庵滝 山行報告

天   候  : この上ない 快 晴

行先変更  : 今回の山行は「雲龍渓谷」の予定でしたが、暖冬で日光にも雪が降らず、氷瀑も
の理由     小さいことが予想され、催行も危ぶまれました。しかし、1月18日に大雪となり、
   「これなら決行できる」と、急きょ役員会が開かれ、遅くなりましたが
   参加を募ったところ、7名の参加希望がありましたので決行としました。
   しかし、26日からまた暖かい日が続き、実際に雲龍渓谷に行かれた方から
   氷柱が眼の前でどんどん落ちてきたり、奥の氷瀑までとても危険で近づけなかった
   とのことでした。そこで参加予定の役員で相談し、行先を同じ日光でも前日光では
   なく、奥日光の「庵滝」に変更させていただきました。
   最近、秘かに人気のある凍る滝で、スノーシューハイクで行ける氷瀑です。

目   的 : 日光の氷瀑を楽しみ、雪と戯れる

行   程  :  益子町民センター(6:30)➡奥日光三本松駐車場(8:30)→光徳遊歩道入口~
   小田代原展望台(11:15)→庵滝(12:45~13:25)→弓張峠ヘアピン(14:05)→
   赤沼茶屋(15:30)→奥日光高原ホテル日帰り温泉(16:15~17:15)➡
   益子町民センター(19:00)

グラフィックス1
三本松駐車場をスタートします。今日はゆっくりスノーシューハイクです。
メンバーは、しんちゃん(CL)・テルさん(SL)・つなちゃん・ハイジ・森ちゃん・
ふみちゃん・ハッちゃんの7名でした。

グラフィックス2
男体山、大真名子・小真名子山がよく見えます。

グラフィックス3
快晴の下、みんな景色にうっとりしています。

グラフィックス4
小田代原に向かう途中にて。

グラフィックス5
白樺もとてもきれいでした。

グラフィックス6
太郎山をバックに優雅に佇む「貴婦人」

グラフィックス7
小田代原に到着しました。ここからまたがんばるぞ~

グラフィックス8
庵滝に向けて、道なき道を一行は進みます。

グラフィックス9
でも今日はトレースがあるので、迷わず進めます。二つこぶの真ん中に庵滝があります。

グラフィックス10
そしてついに庵滝に着きました。あまり知られていないので人もまばらです。

グラフィックス12
森ちゃんをはじめ、「庵滝」はみんな今日が初めてでした。

グラフィックス13
中々の迫力です。

グラフィックス14
庵滝に来て、初めての集合写真です。

グラフィックス16
滝の裏側、青白くとても神秘的。

グラフィックス15
中々氷瀑の裏側を見ることは出来ません。

グラフィックス17
氷瀑を堪能した後、下山中も一行はにぎやかです。

グラフィックス18
今日は一日中、快晴で絶好の山行日和となりました。

グラフィックス19
そしてゴール手前の赤沼橋に到着です。

この後、赤沼茶屋から歩いて三本松駐車場に戻り、湯元にある『奥日光高原ホテル』で
汗を流し(日帰り入浴800円)、帰路につきました。
一時はどうなることかと思われた山行でしたが、天気も良く、景色も最高でした。
行先、予定変更等でご同行の皆様にはご迷惑をお掛けしました。
それでも尚、ご同行して下さった皆さん、ありがとうございました。




山行報告 | 16:55:48 | トラックバック(0) | コメント(3)
11月1日 二ッ箭山 山行報告
11月1日(日) 二ッ箭山

定例山行報告
天候 : 快晴
目的 : 岩山に親しみ岩を楽しむ、そして福島を応援すると言う目的を持って二ッ箭山山行が
      始まって早4年目、主役が欠けてしまいましたがいくべ会では今年も紅葉を求めて
      お邪魔してきました。

グラフィックス1
男体山に全員で登頂して記念写真 ヤッター!!


毎年恒例の福島県いわき市の二ッ箭山に、デイダラボッチの意思を継いで行ってきました。
メンバーはCLイシちゃん・SLシバちゃん・モリちゃん・テイ子さん・つなちゃん・ハイジ・
キョンちゃん・サッチャー・ハッちゃん・Pちゃん・タカ3・テル3)そして今回も助っ人の
(苅部さん・荒井さん)の14名で定例山行を実施しました。

時間
益子町民センター(6:00) ⇒ 二ッ箭山P(8:00~8:25) → 男体山(10:25) → 女体山(11:00)
二ッ箭山(11:30) → 月山(11:45~12:20) → 二ッ箭山P(13:20) ⇒ いわき湯本温泉
さはこの湯(14:00~14:30) ⇒ 小名浜 ら・ら・ミュウ(15:10~15:40) ⇒ 益子町民センター(18:00)

グラフィックス2
駐車場から望む男体山・女体山 快晴で心も弾みます。

グラフィックス3
しめ縄が下がる御滝、身が引き締まります。

グラフィックス4
沢コース御滝横の鎖場女性陣もスイスイと登って行きます。

グラフィックス5
鎖場なんて全員なんなくクリアーして行きます。

グラフィックス6
下の方の紅葉も始まっていました。

グラフィックス7
一列になって14人が整然と進みます。

グラフィックス8
岩場をすぎると急登が続きます。

グラフィックス9
絶壁の岩場が現れてきました。周囲の紅葉も真っ盛りです。

グラフィックス10
男体山の岩場に取り付きました、みんな慣れたものです。

グラフィックス11
全員が男体山に登り、ドヤ顔で記念写真に納まっています。

グラフィックス12
男体山から女体山を望む。

グラフィックス13
女体山にアタック開始

グラフィックス14
女体山で、本日の全岩場を登破してしたり顔の参加者。

グラフィックス15
二ッ箭山を望んで、紅葉も素晴らしい。

グラフィックス16
登山道脇の紅葉も真っ盛りでした。

グラフィックス17
大小の岩が支えあっているトンネルを通って二ッ箭山へ。

グラフィックス18
二ッ箭山頂上にて、眺望が無いので早々に月山へ。

グラフィックス19
月山から望む男体山・女体山紅葉が素晴らしい。

グラフィックス20
月山にて今回初めての全員での記念写真。

グラフィックス21
月山新道のビューポイントから男体山・女体山

グラフィックス22
同上からの男体山・女体山のアップ

グラフィックス23
下山しても、素晴らしい晴天が続いていました。
今年もありがとうございました。

今回の二ッ箭山、男体山・女体山の岩場を全員が登り切りTちゃんのリベンジも叶い
全員に満足していただける山行になったと思っています。

二ツ箭山登山、『さはこの湯』での入浴、『いわき・ら・ら・ミュー』でのショッピングと例年通りの
コースを回って来ましたが、何回通っても心に残る素晴らしいコースだと思います。
楽しい時間を共有して下さった皆さんありがとうございました。
来年もまた計画したいと思います。


山行報告 | 23:36:47 | トラックバック(0) | コメント(3)
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ