■最新記事
■プロフィール

益子いくべ会事務局

Author:益子いくべ会事務局
栃木県益子の雨巻山に集う岳友で結成した”益子いくべ会”の活動情報(登山道整備、定例山行記録等)を中心に紹介して行きます

■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

4月20日(水)日光鳴虫山山行報告
4月20日(水)日光鳴虫山山行報告

定例山行
天候:晴
益子町民会館駐車場(7:00)=長岡百穴(7:50)=天王山神社(8:20~9:05)→神ノ主山(9:45~9:55)→鳴虫山(11:15~12:10)→合峰(12:35)→銭沢不動尊(14:10)→
含満橋P(14:35~15:10)→霧降の温泉(15:30~16:10)→ 長岡百穴(16:50)→益子町民会館駐車場(17:50)
茨城県高萩市の横根山から急きょ行先を日光の鳴虫山へ変更して12名で新緑の中の、アカヤシオ・カタクリの花を楽しんできました。当日は晴れてはいましたが、尾根に出ると風も冷たくさすが日光、チョット早いかなと思いましたが 5
神主山を過ぎると沢山のアカヤシオが迎えてくれました。
神主山へ急登
神主山への急登
神主山にて
神主山にて
神主山にて
神主山を過ぎるとアカヤシオが現れました
アカヤシオ
今年のアカヤシオは花つきも良く、当たりです
アカヤシオ
アカヤシオ
2
鳴虫山手前の木の根がむき出しの急登で
3
濃いピンクのアカヤシオが目立ちます
4
カタクリにはチョット早かったようです
5
鳴虫山頂上手前ではまだ沢山のつぼみを付けたアカヤシオが
4
つぼみを付けたアカヤシオ
5
鳴虫山山頂のアカヤシオの前で「熊本地震鎮静祈願」(小林さん作成)
6
頂上に咲く凛としたアカヤシオ
7
これでもかと言うほど咲いていました
8
頂上にて記念写真、数年前までは後ろに木製の展望台があったのに跡形もありません
9
頂上から合峰に向かう途中もアカヤシオの乱舞
10
合峰から銭沢不動尊への下りの急斜面
11
下山の途中もアカヤシオのトンネル状態でしたアカヤシオのアップ
12
急斜面を下る会員
13
下山途中で出会ったカタクリ
13
カタクリのアップ
14
途中の鞍部に大きなヒノキが二本仁王立ちしていました
15
下山最後の急斜面
15
落ち葉が大量に積もっていて足元が見づらく悪戦苦闘
17
急斜面を下ってホット出来ると思いきやまだ足場の悪い沢を歩きます
18

やっと銭沢不動尊に到着、これでやっと一安心!
この後、憾満ヶ淵へ下山 アカヤシオにはチョット早いかと思われた鳴虫山でしたが素晴らしい花の競演でした。下山は右手に、ピンクに染まった登った尾根を見ながら急斜面をみんなでワイワイガヤガヤと楽しく下りてきました。今回の鳴虫山目的であったアカヤシオに恵まれ、大満足の山行でした。
参加していただいた会員の皆さんありがとうございました。
テルさんからの投稿でした。ありがとうございました。

やっとできたかな~!結構アップするのに苦労してます。分かって下さい(^^♪!

山行報告 | 23:17:09 | トラックバック(0) | コメント(3)
1月31日(日) 奥日光庵滝 山行報告
1月31日(日) 奥日光庵滝 山行報告

天   候  : この上ない 快 晴

行先変更  : 今回の山行は「雲龍渓谷」の予定でしたが、暖冬で日光にも雪が降らず、氷瀑も
の理由     小さいことが予想され、催行も危ぶまれました。しかし、1月18日に大雪となり、
   「これなら決行できる」と、急きょ役員会が開かれ、遅くなりましたが
   参加を募ったところ、7名の参加希望がありましたので決行としました。
   しかし、26日からまた暖かい日が続き、実際に雲龍渓谷に行かれた方から
   氷柱が眼の前でどんどん落ちてきたり、奥の氷瀑までとても危険で近づけなかった
   とのことでした。そこで参加予定の役員で相談し、行先を同じ日光でも前日光では
   なく、奥日光の「庵滝」に変更させていただきました。
   最近、秘かに人気のある凍る滝で、スノーシューハイクで行ける氷瀑です。

目   的 : 日光の氷瀑を楽しみ、雪と戯れる

行   程  :  益子町民センター(6:30)➡奥日光三本松駐車場(8:30)→光徳遊歩道入口~
   小田代原展望台(11:15)→庵滝(12:45~13:25)→弓張峠ヘアピン(14:05)→
   赤沼茶屋(15:30)→奥日光高原ホテル日帰り温泉(16:15~17:15)➡
   益子町民センター(19:00)

グラフィックス1
三本松駐車場をスタートします。今日はゆっくりスノーシューハイクです。
メンバーは、しんちゃん(CL)・テルさん(SL)・つなちゃん・ハイジ・森ちゃん・
ふみちゃん・ハッちゃんの7名でした。

グラフィックス2
男体山、大真名子・小真名子山がよく見えます。

グラフィックス3
快晴の下、みんな景色にうっとりしています。

グラフィックス4
小田代原に向かう途中にて。

グラフィックス5
白樺もとてもきれいでした。

グラフィックス6
太郎山をバックに優雅に佇む「貴婦人」

グラフィックス7
小田代原に到着しました。ここからまたがんばるぞ~

グラフィックス8
庵滝に向けて、道なき道を一行は進みます。

グラフィックス9
でも今日はトレースがあるので、迷わず進めます。二つこぶの真ん中に庵滝があります。

グラフィックス10
そしてついに庵滝に着きました。あまり知られていないので人もまばらです。

グラフィックス12
森ちゃんをはじめ、「庵滝」はみんな今日が初めてでした。

グラフィックス13
中々の迫力です。

グラフィックス14
庵滝に来て、初めての集合写真です。

グラフィックス16
滝の裏側、青白くとても神秘的。

グラフィックス15
中々氷瀑の裏側を見ることは出来ません。

グラフィックス17
氷瀑を堪能した後、下山中も一行はにぎやかです。

グラフィックス18
今日は一日中、快晴で絶好の山行日和となりました。

グラフィックス19
そしてゴール手前の赤沼橋に到着です。

この後、赤沼茶屋から歩いて三本松駐車場に戻り、湯元にある『奥日光高原ホテル』で
汗を流し(日帰り入浴800円)、帰路につきました。
一時はどうなることかと思われた山行でしたが、天気も良く、景色も最高でした。
行先、予定変更等でご同行の皆様にはご迷惑をお掛けしました。
それでも尚、ご同行して下さった皆さん、ありがとうございました。




山行報告 | 16:55:48 | トラックバック(0) | コメント(3)
11月1日 二ッ箭山 山行報告
11月1日(日) 二ッ箭山

定例山行報告
天候 : 快晴
目的 : 岩山に親しみ岩を楽しむ、そして福島を応援すると言う目的を持って二ッ箭山山行が
      始まって早4年目、主役が欠けてしまいましたがいくべ会では今年も紅葉を求めて
      お邪魔してきました。

グラフィックス1
男体山に全員で登頂して記念写真 ヤッター!!


毎年恒例の福島県いわき市の二ッ箭山に、デイダラボッチの意思を継いで行ってきました。
メンバーはCLイシちゃん・SLシバちゃん・モリちゃん・テイ子さん・つなちゃん・ハイジ・
キョンちゃん・サッチャー・ハッちゃん・Pちゃん・タカ3・テル3)そして今回も助っ人の
(苅部さん・荒井さん)の14名で定例山行を実施しました。

時間
益子町民センター(6:00) ⇒ 二ッ箭山P(8:00~8:25) → 男体山(10:25) → 女体山(11:00)
二ッ箭山(11:30) → 月山(11:45~12:20) → 二ッ箭山P(13:20) ⇒ いわき湯本温泉
さはこの湯(14:00~14:30) ⇒ 小名浜 ら・ら・ミュウ(15:10~15:40) ⇒ 益子町民センター(18:00)

グラフィックス2
駐車場から望む男体山・女体山 快晴で心も弾みます。

グラフィックス3
しめ縄が下がる御滝、身が引き締まります。

グラフィックス4
沢コース御滝横の鎖場女性陣もスイスイと登って行きます。

グラフィックス5
鎖場なんて全員なんなくクリアーして行きます。

グラフィックス6
下の方の紅葉も始まっていました。

グラフィックス7
一列になって14人が整然と進みます。

グラフィックス8
岩場をすぎると急登が続きます。

グラフィックス9
絶壁の岩場が現れてきました。周囲の紅葉も真っ盛りです。

グラフィックス10
男体山の岩場に取り付きました、みんな慣れたものです。

グラフィックス11
全員が男体山に登り、ドヤ顔で記念写真に納まっています。

グラフィックス12
男体山から女体山を望む。

グラフィックス13
女体山にアタック開始

グラフィックス14
女体山で、本日の全岩場を登破してしたり顔の参加者。

グラフィックス15
二ッ箭山を望んで、紅葉も素晴らしい。

グラフィックス16
登山道脇の紅葉も真っ盛りでした。

グラフィックス17
大小の岩が支えあっているトンネルを通って二ッ箭山へ。

グラフィックス18
二ッ箭山頂上にて、眺望が無いので早々に月山へ。

グラフィックス19
月山から望む男体山・女体山紅葉が素晴らしい。

グラフィックス20
月山にて今回初めての全員での記念写真。

グラフィックス21
月山新道のビューポイントから男体山・女体山

グラフィックス22
同上からの男体山・女体山のアップ

グラフィックス23
下山しても、素晴らしい晴天が続いていました。
今年もありがとうございました。

今回の二ッ箭山、男体山・女体山の岩場を全員が登り切りTちゃんのリベンジも叶い
全員に満足していただける山行になったと思っています。

二ツ箭山登山、『さはこの湯』での入浴、『いわき・ら・ら・ミュー』でのショッピングと例年通りの
コースを回って来ましたが、何回通っても心に残る素晴らしいコースだと思います。
楽しい時間を共有して下さった皆さんありがとうございました。
来年もまた計画したいと思います。


山行報告 | 23:36:47 | トラックバック(0) | コメント(3)
10月12日(月)  薬師岳~旭岳~地蔵岳縦走 山行報告
定例山行報告
山名 : 薬師岳~旭岳~地蔵岳縦走
グラフィックス1

天候 : 晴れ時々曇り
目的 : 栃木100名山の三座を踏破し、紅葉の古道の稜線を日光連山の展望を楽しみながら
      静かな山歩きを楽しむ。
日光 細尾峠~鹿沼 古峰ヶ原神社まで、いくべ会会員15名(CLシバちゃん・SLオガちゃん・ハッ
ちゃん・テル3・タカ3・ほてちゃん・ハイジ・シーちゃん・ピーちゃん・ウララ・モリちゃん・サクラちゃん・
ヒロさん・サッチャー・サッちゃん)そして助っ人の(苅部さん・荒井さん・渡辺さん)以上18名で
定例山行を実施しました。

時間
益子町民センター(6:00) ⇒ 細尾峠(8:10) → 薬師岳(9:00) → 三ツ目(10:30) → 旭岳
(10:45~11:25) → 三ツ目(11:40) → 地蔵岳(12:00) → ハガタテ平(12:30) → 林道終点
(13:30) → 古峰ヶ原神社(14:20~15:00) ⇒ 芳賀ロマンの湯(16:30~17:30) ⇒ 益子町民
センター(18:00)

グラフィックス2
細尾峠から薬師岳の急登(ちらほらと紅葉する木々も)

グラフィックス3
薬師岳山頂そばの祠

グラフィックス4
薬師岳山頂にて快晴で参加者もウキウキ

グラフィックス5
薬師岳山頂からの女峰山

グラフィックス6
薬師岳山頂から男体山

グラフィックス7
薬師岳山頂から半月山・白根山

グラフィックス8
薬師岳から三ツ目へ、登山者が少ないせいか歩きやすい素晴らしい登山道でした

グラフィックス9
青空に映える紅葉

グラフィックス10
黄色の紅葉も素晴らしい

グラフィックス11
登山道そばの紅葉

グラフィックス12
薬師岳から三ツ目間の祠と石仏

グラフィックス13
三ツ目から旭岳へ向かう途中の今歩いてきた山肌の紅葉

グラフィックス14
夕日岳山頂にて
ガスが出て南側の景色は見えなくなってきました。

グラフィックス15
北側はまだ晴れていました。半月山と白根山

グラフィックス16
地蔵岳山頂でCLのシバちゃんがセルフタイマーのセッティングに悪戦苦闘

グラフィックス17
地蔵岳頂上にて

グラフィックス18
地蔵岳山頂の祠
さすが修験者が通った古道、祠や石仏が多数ありました。

グラフィックス19
あとは古峰ヶ原に向かって下るだけ

グラフィックス20
下山途中には登山道が崩れている場所がありましたが、皆さん難なくクリアー

グラフィックス21
きれいなトリカブトの花

グラフィックス22
無事下山して古峯神社(ふるみね)に参拝

グラフィックス23
古峯神社本殿

グラフィックス24
今年度初めてのバスによる山行で執行部も不慣れなため、チョットした手違いもありましたが
紅葉も始まった修験者の道をまあまあの天気にも恵まれ全員無事に完歩でき、古峯神社にも
参拝し楽しい1日を過ごすことができました。
参加していただいたみなさんありがとうございました。


まだまだ県内や近県の山もこれから紅葉の見頃を迎える場所もたくさんあります、いくべ会
でも色々と企画していますのでたくさんの皆さんの参加をお待ちしております。
よろしくお願いします。


山行報告 | 18:53:16 | トラックバック(0) | コメント(4)
10月4日 那須(白笹山~南月山~姥ケ平)縦走 山行報告
定例山行報告
山名:那須(白笹山~南月山~姥ケ平)縦走
1_20151008073713b4b.jpg
「参加者が1人足りないようですが、な~んでか?それはね、カメラマンだったから~🎶。】
実施月日:2015年10月4日(日)
天候:晴時々曇
目的:那須の紅葉を楽しみ、会員相互の親睦を深める。
参加者:テルちゃん(CL)、シバちゃん(SL)、ハイジ、タカ3、ツナちゃん、キョンちゃん、うらら、エミちゃん、しんちゃん、はっちゃん、ふみちゃん、さくらちゃん、し~ちゃん、トミーちゃん、現地で酒寄さん(以上15名)
時間:益子町民会館(5:30)⇒下野花岡(6:00)⇒沼原の下の空地→沼原P(8:20)→白笹山(9:50)→南月山(10:50)→日の出平(11:20)→牛ケ首(11:45)→姥ケ平(12:00~12:50)→三斗小屋分岐(13:15)→日の出平分岐(14:00)→沼原湿原散策→沼原P(14:50~15:00)→下の空地(15:25~15:35)⇒板室温泉⇒益子町民会館(18:40)
益子から下野花岡経由で沼原駐車場に着くと、道路工事等もあり、また、季節ということもあり、沢山の車で一杯になっていました。仕方なく下の空地に戻って出直すことにしました。まあ、何とか沼原駐車場まで30分掛かりましたが、駄々をこねる人もなく、仕切り直して今日の山行始まりです。

2_2015100807371579e.jpg
途中、舗装道路を歩くことになりましたが、旧道(登山道)を発見し、近道を利用して沼原駐車場に到着しました。沼原からはリーダーの「2班先行ってえ~!」と檄が飛びましたので、先頭に立って行くことになりました。

3_20151008073718b1f.jpg
沼原駐車場で準備して登山道を登って行き、辺りを見渡すと赤くなった葉が林と我々の行く登山道を明るくしてました。

4_20151008073722ac7.jpg
白笹山手前で休憩です。これだけのメンバーなら、熊も恥ずかしくて出られないかも?

5_20151008073710106.jpg
白笹山から下りて来たところから見えた南月山です。紅葉が進んでますね。

6_20151008073755dd6.jpg
少し遅れた1班を探して白笹山方面を見て“ヤッホー!”ですかね。南月山で1班と合流できました。やっぱり、会の山行ですからどっかで合流して、山の情報交換・消息?でも確認しないとね。

7_20151008073757773.jpg
南月山から日の出平に向かう途中に見えた茶臼岳です。ちょっとガスが掛かってましたが、赤く染まったいたところが綺麗でした。

8.jpg
日の出平に到着しました。ちょっと、空腹を感じていたのですが、ちょっと我慢して牛が首を経由して、姥ケ平に向かいました。連日、滑落等の事故が報道されていますが、沢山の人が詰めかけてました。みなさん、十分な装備の準備と細心の注意で山を楽しみましょうね。

9.jpg
日の出平から牛ケ首に向かう途中、眼科には姥ケ平方面の紅葉が広がってました。イイね~!イイねえ~!

10.jpg
牛ケ首から姥ケ平へ降りてきました。足を滑らせないように~!紅葉に隠れてますが仲間たちが、分かりますか~?

11.jpg
仲間が降りてきましたよ~。もうすぐ、お昼になりますよ~!

12.jpg
姥ケ平での記念写真です。ここもそうですが今日は結構風が強くて寒かった位です。やっぱり山の上はだんだん一足早く冬に近づいているような感じがしました。
さて、ここで昼食を取り、その後はひょうたん池に寄っていこうと戻ったのですが、途中まで行くと行き詰まりになり「戻って!戻って!」となって、振出(分岐)に戻ってきました。
ここからも秋の茶臼が綺麗に見えました。結局、戻って三斗小屋分岐を目指しました。

13.jpg
姥ケ平のシラタマですが、分かります?綺麗でしょう?

14.jpg
三斗小屋分岐を経由して紅葉を楽しみながら降りてきて、日の出平分岐で休んでいると、1班が降りてきました。
ここは結構急坂なのですが、期待してカメラを構えたのですが意に反して裏切られてしまいました。

15.jpg
日の出平分岐に戻ってからは、途中、沼原湿原を散策して駐車場に戻ることになりました。この時期は「ここは初めて~」でして、草紅葉が綺麗でした。

16.jpg
沼原からは今日歩いた白笹山と南月山が見えました。沼原下の駐車場から山行の疲れを癒すため、入浴はグリーングリーンですることになりました。温泉では入浴料65歳以上が500円から300円に割引されるのですが、フリーパスで割引を受けられる人、割引を受けるのに証明書を要求される人がいたみたいですが、(果たしてそのこころは?)複雑な感じですよね。私事ではありますが、1000円出したら、何も言われず500円のお釣りしか帰って来ませんでした?

まあ~、そんな訳で何とか天気も恵まれて山行が終わり、無事、益子町民会館の駐車場に帰ってきました。沼原湿原に寄ったりとか、駐車場が一杯の為、少し余分に歩くことになりましたが、参加者の健脚に感服いたしました。これから、秋の山行、冬の行事と繋がって行きますが、益子いくべ会、全員一丸となって頑張って行きましょう!イエーイ!

山行報告 | 17:13:42 | トラックバック(0) | コメント(6)
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ